最高の結婚式をあなたと共に

いろいろな結婚

最近では結婚式のスタイルもいろいろでカップルの個性が強く出るものが多いです。それは挙式や披露宴どちらにもいえることで、来てくださるゲストにも楽しめるのではないでしょうか。しかし、実際結婚式をするとなれば、どんなイメージをいだいているのでしょうか。理想とする結婚式を行うためにも結婚式のスタイルについて、基礎知識として入れておきましょう。ふたりの理想とするスタイルを考えるうえでも参考にしてみてください

結婚式のスタイル

キリスト教式
憧れの純白のウェディングドレスを着て、バージンロードを歩きたいと女性の多くは思うのではないでしょうか。これは花嫁の憧れのひとつでしょう。ホテルや専門式場のチャペルや普段から通っている教会で挙げる厳粛でロマンチックな教会式は結婚では定番と言っても過言じゃないはずです。キリスト教の教義に則ってとい行われるキリスト教式は、約6割のカップルが行う人気の結婚スタイルです。親族だけでなく、友人や知人など多くの人に参列してもらえるのも人気の理由です。みんなに見守られながら行えるというのは良いですよね。クリスチャンじゃなくてもホテルや式場のチャペルで行うプロテスタント教派であれば誰でも挙式はできます。このスタイルだと披露宴だけではなく、挙式にもいろいろな演出を盛り込むことができます。ふたりらしさを盛り込んだ個性的な心情深い式にするための演出アイテム・アイデアもたくさんあるでしょう。式場にもよりますが、ガーデンや多階段、バージンロードなど、挙式会場によって演出できるものをチェックしておけば、可能な範囲で思い出深い演出ができるのです。

人前式
三三九度や玉串奉奠などの儀式があるものです。雅楽や和装を始めとする日本古来の凛とした伝統美が印象的で大和撫子が憧れる正統派の挙式スタイルです。ホテルや式場の中にある仮神殿でも行える他、神社での本格的な式も可能で、密かな人気で年々人気が上昇しています。古臭いとか和装が似合わない、親族しか参列してもらえないなど先入観で敬遠がちだった神前式ですが、実は可愛い和装も多いですし、会場も広い神社などであれば、友人や知人が参列可能なこともあります。最近では昔ながらの伝統を重んじるスタイルが逆に新鮮で魅力的です。思わず姿勢を正したくなる厳かな神前式は密かにブームを迎えています。地域によって異なりますが約1~2割程度のカップルがこのスタイルで式を挙げています。

人前式
形式や格式にとらわれないスタイルで、参列者に結婚の証人になってもらうスタイルです。ふたりで緑のある場所を会場にしたり、ふたりで考えたオリジナルの進行で行えることも可能です。アイデアや趣向を凝らせるので、一生の思い出になるはずです。神仏の代わりに参列者へ結婚を誓って、証人になってもらうという人気を集める人前式は地域によって異なりますが、約2割のカップルがこのスタイルで式を挙げています。ただ、馴染みのない年配のゲストも多いので、少なくとも両親への承諾は得ておきたいところです。衣装はもちろんのこと、式次第もと国決まったものはなく、自由にプランニングが出来るんです。宣誓文も自分たちらしい言葉で綴って、書式場所も自由に選ぶこともできるのです。演出次第で格式高いものから、アットホームな挙式にもできて、アレンジし放題なんです。人前式にはセレモニーペースに決まりごとは一切ありません。自分が思うがままに自分の好み次第で演出できるのです。場所には、自分たちの思い出の場所やふたりの趣味を取り入れたりすれば、ゲストも新鮮で楽しいしきなるでしょうし、何より自分たちにとって有意義な結婚となるでしょう。

PR
結婚するにはまず出会うこと!
ニューハーフのお相手探しならコチラ!ニューハーフ出会いの特別講座

出会いのない生活から抜け出す方法を教えます!
詳しく知りたい方はスタビまでお越しください!
童貞卒業できる優良出会いサイト紹介

このページの先頭へ